Pocket

今回は、ビター系、オラオラ系、お兄系のファッションコーデを作っていく上で必要なアイテムを20に絞って紹介します。

ビター系のファッションといえば、サーフスタイルであったり、細身の大人の艶感の感じられるコーディネートで、雑誌BITTERに掲載されているようなコーデだ。

そのビター系、オラオラ系、お兄系のコーデに必要なアイテムや、チョイスする際のポイント、注意点から、コーデの組み立て方まで紹介しているので、ぜひ最後まで読んでいってほしい。

管理人Rがビター系ファッションコーデをする際、気にかけているのは、高級感、上質感で、いかに大人の艶感を出すかを意識しているので、その辺りも注目してくれると嬉しい。

パンツ編

黒スキニー

詳細・購入はこちら

ビター系ファッションに限らず、コーデの軸、ベースになってくるのはこの黒スキニーデニム。デニムのカジュアル要素と、細いラインというドレッシーな要素を併せ持つので、どんなコーデにも対応できる、コーディネートの中心となるアイテム。

トレンドに左右されず、ビター系ファッションのような細身の多いシルエットから、オーバーサイズのシルエットの多い流行りのストリートスタイルにも合わせられるのが一番初めに紹介した理由。

また、日本人に多い胴長短足の体型をカバーする意味でもコーデによく使用される。黒の視覚的に引き締める効果と、細く見えるデザインがコンプレックスをカバー。

 

詳細・購入はこちら

 

詳細・購入はこちら

デニムパンツ

詳細・購入はこちら

ビター系ファッションの代名詞が「サーフスタイル」。デニムの色合いであったり、素材感はサーフスタイルにぴったりの要素が揃っているので、使わない手はない。

デニムといえば、VANQUISHがオススメ。他の記事でもよく紹介しているのだが、デニムアイテムのデザインが他のブランドに比べいいものが多い。程よいユーズド感を演出してこなれ感を演出してくれるだけでなく、シルエットにもこだわったデザインのアイテムが揃っているので、デニムといえばVANQUISHをチョイスしてほしい。

VANQUISHアイテムが揃う theCORNER はこちら

 

詳細・購入はこちら

 

詳細・購入はこちら

スウェットパンツ

詳細・購入はこちら

メインボトムスの三つ目は、スウェットパンツを紹介。まず素材自体が表情があり、柔らかいカジュアルなパンツなので、決まりすぎないようにカジュアルダウン要因としてかなり使える。デニムジャケットやレザージャケットと合わせても使える。

その際のポイントとして、やっぱりここでも細身のものをチョイスすること。足のラインを綺麗に見せることで、足長効果を狙おう。

ジョガーパンツについての記事はこち

詳細・購入はこちら

パンツををカッコよく履く方法

またどのボトムスを着用するときにも、足首を積極的に見せて欲しい。人間は曲線に魅力や、色気を感じるらしく、足首や、手首、首元を見せるスタイルはセクシーに見える。女子ウケを狙うなら使わない手はない。

抜け感としても綺麗なシルエットになるコツなのでぜひ試して欲しい。

アウター編

デニムシャツ

詳細・購入はこちら

サーフスタイルを作る際のポイントはデニムを取り入れること。だからこそのデニムシャツ。デニムのカジュアル要素と、シャツのデザイン性から、カジュアルに寄りすぎないアイテムなので使い回しやすい。

黒スキニー、スェットパンツと合わせても、簡単にサーフスタイルが作れ、デニムジーンズに合わせても、デニムonデニムで決めやすい。

デニムonデニムは色合いの異なるアイテムを使うと、違和感なくコーデを作ることができる。

詳細・購入はこちら

デニムシャツと言ったらVANQUISHのアイテムをチョイスしますね!デニムシャツについて着こなしやコーデ方法を詳しく紹介しているページはこちら

白シャツ

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

女性の多くが男性のファッションに求める要素は何か知っていますか?

大人の艶感、清潔感。この二つが大きなポイントです。白シャツはこの両方を兼ね備えている神アイテム。

着丈がTシャツなどに比べて長いので、体型をカバーし、足長効果もある。またレイヤードなどにも使えるし、どのスタイルのコーディネートにも体をうする万能アイテム。

こだわった白シャツを持っておくとビター系コーデの際だけでなく、様々なシーンで役立つはず。

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

 

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

 

インナーTシャツ

詳細・購入はこちら

どんなアイテムにも合うインナーを持っておくとかなり便利。管理人Rはインナーはほぼこれしか使ってないです(笑)Vネックで体にフィットする色気のあるデザイン。

どんなアウター、シャツなど上に羽織るシチュエーションの際にはまず対応することができるので、このVANQUISHのロンTを押さえておくとコーデのベースが安定しますよ。

ロング丈Tシャツ

詳細・購入はこちら

レイヤードにも使えるし、ロング丈のアイテムと合わせるときに、腰の位置を曖昧にすることで、足長効果のあるアイテム。

下で紹介するコーディガンとの組み合わせはかなりオススメで、いろんなジャケットに合わせても丈の長さから、デザイン性のあるコーデに仕上がりやすい。

コーディガン

引用:http://bitter-store.jp/

詳細・購入はこちら

ここ数年のトレンドのコーディガン。かなり使いやすいアイテムで、丈感を使った

コーデでこなれた感じを演出できる大人コーデに必要なアイテム。これからの季節にもちょうどいい素材感なのでぜひ手に入れて欲しい。

テーラードジャケット

引用:http://bitter-store.jp/

大人の艶感、清潔感を作り出すには必要不可欠なアイテム。

ポイントは自分の体のサイズの合ったジャケットを選ぶことで、テーラードジャケットは艶が命で、シワだ付いているとかなりダサい。チョイスのは気をつけよう。

テーラードジャケットは羽織るだけで、大人のセンスを感じられるアイテムなので、こだわったジャケットを、自分にあったジャケットを見つけて欲しい。

ビター系のドレススタイルに限らず、スーツなどを選ぶ際にも注意して選んでくださいね!

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

テーラードなどのカチッとしたアイテムの着こなし、コーデはこちらで紹介しています!

ビター系フォーマルスタイル テーラードジャケットの着こなし紹介

 

ビックシルエットデニムジャケット

 

詳細・購入はこちら

ポイントはちょっと大きものサイズで、オーバーサイズの羽織ること。インナーやパンツは紹介しているアイテムを使い、細いラインを作ってから、オーバーサイズのデニムジャケットを羽織ると、綺麗なシルエットに。

オーバーサイズのアイテムはコーデの中に一つだけにするのがシルエットを綺麗に見せるコツ。

詳細・購入はこちら

 

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

デニムジャケットの着こなしのコツは

デニムジャケットコーデをBITTERメンズに教えてもらう【2017冬春 最新】

デニムジャケットに特化したページなのでデニムジャケットのコーデや着こなし方法ならこの記事を読んでみてください。

レザージャケット

引用:http://bitter-store.jp/

詳細・購入はこちら

男らしさ、大人の艶感を感じさせるアイテム。体にフィットしたサイズのものを選んで細身のラインを作って欲しい。紹介しているインナー、シャツ、パンツのどれと合わせいてもシルエットは綺麗に仕上がるはずなので、こだわりの自分のレザーを見つけてください。

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

レザー、ライダースの着こなしをもっと知りたいなら

艶ライダースのビター系メンズのコーデを盗めっ!【2017春 最新】

レザーアイテムの着こなしついて詳しく紹介!

MA-1

引用:http://bitter-store.jp/

大流行し、定番アイテムまで上り詰めたMA-1。20選に選んだ理由は、体のな山のある方のコンプレックスをカバーできる点。

もともと細身の方だけでなく、体型が気になる人も切れるデザイン性。体のラインが出にくいデザインがMA-1のいいところでもある。

オーバーサイズを選ばなくても、少し大きなシルエットになるので、コーデの幅を増やす意味でも持っておきたいアイテム。

詳細・購入はこちら

詳細・購入はこちら

 

パーカー

引用:http://bitter-store.jp/

パーカーを選ぶ際のポイントは首回りのつくりがしっかりしているものにすること。かぶる部分にボリュームがあるものを選ぶこと。

というのも、顔まわりを飾るデザインには、顔を小さく見せる効果があるため。

デニムジャケットやレザーなどと合わせてもコーデが簡単に完成するし、単体で使っても20選のパンツなら違和感なくコーディネートできる。

詳細・購入はこちら

個人的にこのFR2のSmoking killsパーカーはかなりのオススメ。今では入手困難かもしれないが。探し出して欲しい。それだけの価値があるのは自信をもっていえます!

詳細・購入はこちら

パーカーのコーデ方法や、着こなしのコツなどを知りたい方はこちら

ニット

詳細・購入はこちら

寒い季節にTシャツ一枚ではやっぱり無理があるので、ドレス感のあるニットを選出。黒スキニーでもデニムでも大人の色気を演出できる。

アウターに合わせるだけでなく、シャツの上からかぶったり、テーラードジャケットと合わせても色気のあるスタイルに仕上がる万能アイテム。

詳細・購入はこちら

ニットは、BITTER OFFICIAL WEB STORE が品揃えが多いのでチェックしてみてください。

春夏のショートパンツ編

ショート丈パンツ

詳細・購入はこちら

ローファーや、くるぶしの見えるスニーカー、スリッポンとよく合う爽やかな雰囲気のアイテム。

脚を細くみせたいなら、若干ゆとりのあるパンツ、太くみせたいならピタッとしたサイズ感できるとそれぞれ効果がある。

ポイントは膝上のものを選ぶこと。大人の丈感は膝上なのだ。足長効果もあるので実践するべき。膝下になると子供っぽくなりやすいので注意。

キックス編

ローファー

引用:http://bitter-store.jp/

ローファーを選出したのは、足元で大人の艶感をしっかりと演出できていれば、大体はなんとかなるからだ。

ローファーを履く際には、ロールアップするなどして、くるぶしを見せることでセクシーな印象を作ることができる。

多少根が張っていても手入れすれば長持ちするはずなので、いいものを選んでほしい。

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

スニーカー

詳細・購入はこちら

革靴だけでは対応できなシーンがあるので、割とどんなシーンにも使えるスニーカーを選出。

個人的にスニーカーはないきが好きなのでナイキのスニーカーを紹介しているが、アディダスなど、それぞれのお気に入りを見つけてもらいたい。

上の傾向のスニーカーはクラブシーンなどでよく見られるデザイン。

下のような黒のスニーカーはどんなコーデ、スタイルにも履き合わせやすいのでオススメ。

詳細・購入はこちら

小物編

リュックサック

引用:http://bitter-store.jp/

詳細・購入はこちら

チョット遠出などの際に重宝する。

ポイントは、シンプルで上質なものにすること。デザインの凝ったリュックにすると、使いまわせないことがあるので、黒の上質でシンプルなリュックをオススメする。

クラッチバック

詳細・購入はこちら

クラッチもリュックと同じようにシンプルなものを選ぶのがポイントだ。初めはレザーの黒で上質なものをオススメする。

上質で艶感を演出でき、使いまわせるものが結局コスパが一番いいですよね。

クラッチバックについて詳しく解説しているページがあります!知りたい方はこちら

アクセサリ

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

上でも紹介しているが、手首、足首、首元は、視線が自然と集まったり、魅力、色気を感じるポイント。

なのでアクセサリでさりげないアピールを。ビター系のファッションコーデであれば、少し小さめのうるさすぎないものを使うのがオススメ。

小物は、上質、シンプルを心がけて選んでほしい。

引用:http://thecorner.jp

詳細・購入はこちら

小物アイテムの使い方など、もっと詳しく知りたい方はこちら!

管理人Rから

今回はビター系のファッションに必要なアイテム20戦を紹介しました。

この20戦をベースにそれぞれの個性を出して言ってくれると嬉しいです。

ファッション初心者であれば、まずこの20のアイテムを揃えて、それぞれのアイテムを組み合わせて、コーデの幅を広げていってほしい。

上級者なら、アイテムごとに自分の個性やこだわりを取り入れて行ってみるのも面白いですね。

最後までありがとうございました。