Pocket

今回は足を長く見せる、足を細く見せる方法を紹介していきます!

足の長さや太さにコンプレックスを持っているメンズは結構いるはず。

日本人体型の胴長短足も、裏技テクニックで解消解決することができますっ!

視覚テクニックやアイテムをうまく選ぶことで、足が長くて、足の細いメンズになりましょう!

足が長く見える裏技 トップスとパンツの境界線を隠す

例えば、ジャケットにロング丈のカットソーに、キニーパンツなどのコーデは、カットソーの中の体と足の境界線があいまいになったり、見えなかったりで、足の始まり、腰の位置を、ジャケットの位置にまで引き上げてくれるんです

だから、足が長く見えちゃうんですよね!

引用:http://bitter-store.jp/

これは錯覚を利用したテクニックで、人間は見えない部分は、いいように想像してしまう効果を使ったもの。

ジャケットも丈の短いものをチョイスすることで、メリハリが生まれ、足が上の方まであるように錯覚して見えちゃうんです!

短足で悩んでいることが多い日本人体型にはかなり有効なテクニックで、あまり使われてもいないので、人とかぶることのないコーデで、足を長く見せることができます!

短足に悩んでいない人でも、日本人の普通体型ならこういったテクニックを使うとスタイルアップが期待できますよ。

引用:http://bitter-store.jp/

春夏のちょっと暑いなって時は、シャツアイテムを腰巻にすることで境界線をぼかしあいまいに隠して、足を長く見せるってゆう裏技!

しかも、ちょっと高い位置でまいたりすれば、かなりスタイル良く見えたりする、かなりの足長裏技!

 

 

足を長く見せるには 靴とパンツを同系色に!

このテクニックも境界線をぼかすテクニックの応用。

靴とパンツで異なる配色のアイテムを使うと、縦の連続性が分断され、足が本来の長さで見えちゃう、、

引用:http://bitter-store.jp/

引用:http://bitter-store.jp/
パンツが黒なら、黒の革靴。白のパンツなら、白のスニーカーなど、

同系統のアイテムを揃えることで、縦に連続性を持たせ、境界線を曖昧にすることで、足が長く見える視覚テクニック

引用:http://bitter-store.jp/

 

足長効果を引き出す「ロールアップ幅は2.5〜3cmの細めで」

 

一見パンツの面積を小さくしているので、足を短く見せるように思うかもしれないですが、足長効果が期待できるんです!

引用:http://bitter-store.jp/

人間の習性として、無意識化で、割り算的に、単位的に長さを判断します!

小顔の人は、八頭身などで身長が高く見えるのは、この効果によるもの!

ロールアップの幅を2センチほどの細めにすることで、足を長く見せることができる!

引用:http://bitter-store.jp/

 

足長効果、長身効果の代表格 ワントーンコーデ

上半身、下半身でそれぞれ異なる配色のコーデは縦のラインがバッサリ分断されてしまい、身長がが低く見たり、足が本来の長さのまま見えたり、、、

引用:http://bitter-store.jp/

上下を同系統のカラーで揃える、ワントーンのトーンにすることで、縦のラインに連続性が生まれて、身長が高く、足も長く見える!

引用:http://bitter-store.jp/

 

足を長く見せる小技 パンツには存在感のないベルト

パンツを履く際によくつかアイテムがベルト。このベルトのチョイスに一工夫入れることで、足を長く見せ、スタイルを良く見せることができる

ベルトの選び方で足を長く見せる方法です!

トップスとパンツの境界線にあるのがベルト。このベルトが目立ってしまうと上半身、下半身が分断されてしまい、日本人体型のそのままのルックスになってしまう。

白いパンツに黒ベルトやカラーのベルト、バックルの大きなベルトなどは分断の原因になってしまう。

もともとスタイルのいい外国人の方などにはスタイルを際立たせる効果があるのですが、日本人の体型には適していないのです!

黒パンツには黒のベルト、チノパンには茶系のベルトなど同系統のカラーをチョイスすることで、縦のラインを分断せず、足を長く見せることができます。

 

 

上半身に相手の視線を集めて、身長を高く、足を長く見せる!

上半身に視線を集中させることで、身長が高く見えるテクニック!

派手なアイテムをトップスに着る!ということではなく、さりげなく視線を上半身に持っていくことがコツです!

引用:http://bitter-store.jp/

ストールやネックレスを使用する。サングラス、伊達眼鏡を使ってみる、白シャツの襟を少し立ててみる。などなどあくまで自然に上半身にアクセントを作ってあげてください。

管理人Rの個人的なオススメのテクニックはVネックですね!スタイリッシュな雰囲気にしてくれます!

引用:http://bitter-store.jp/

引用:http://bitter-store.jp/

 

 

ストライプ・寒色系をチョイスで身長を高く見せる!

ファッションコーデのテクニックとしては基本!

縦ラインの強調によって相対的に横幅を抑えて細く見せてくれるというテクニック!

ストライプ柄や、寒色系のカラーは就職効果があるので、縦長を強調するアイテムとしてはオススメ。

スーツなどのように全体に使いってもいいですし、細く見せたい部分に使っても効果を発揮してくれますよ!

引用:http://bitter-store.jp/

引用:http://bitter-store.jp/

足を長く見せる「手っ取り早い方法」

靴で身長をUPさせる

女性が足を長く見せるテクニックとして効果絶大なのがヒールの使用ですよね。

男が使ってはいけないルールなんてないですし、使うべきっす(笑)!

普段使っているどの靴にでも使えるのがシークレットインソール!

革靴にもスニーカーにもブーツなど身の使える、簡単に身長UPしてくれる神アイテム

ただし、厚くても1センチから2センチに抑えること

管理人Rももちろん愛用しています!

盛りすぎると不自然になってキモいです、、、、

 

シークレットインソールとは!? 詳細・購入はこちら!

 

足を長く見せるアイテムを選ぶ!【基本】

足を細く、長く、見せるテクニックにも限界があって重要なのはアイテム選び。

ちゃんとしたチョイスができていれば、テクニックが使えていなくても、まあ大丈夫(笑)

逆に、アイテム選びが成功していれば、多少、テクニックが追い付かなくても脚が短く見えることは回避できますよ!

引用:http://bitter-store.jp/

足を細く長く見せるアイテムは、スキニーパンツ、テーラードパンツ。

さらにパンツと同系統のカラーのキックス。

これがしっかりとチョイスされていれば大抵はOK。

引用:http://bitter-store.jp/

 

足を長く見せる基本は Aライン・ Iライン・ Yライン

スタイルを良く見せる、足を長く見せるには体のラインを綺麗に見せることが基本。

体のラインを綺麗に見せる「型」みたいなものがあって、それぞれAライン、Iライン、Yラインといい、このラインを意識することで、スタイルを良く見せ、足を長く見せることができます。

ラインを意識することで、コーデ全体のシルエットをコントロールして足を長く見せましょう!

Iラインで高身長、足長のシルエットに!

ジャストサイズのトップス、パンツで合わせたコーデ。ピッチピチで細い!なんてイメージではないと思いますよ(笑)キモいでしょ(笑)

サイズの合ったジャケットにスキニーパンツなんかが代表的なコーデとしてあげられる!

ある程度、細身のアイテム選びを意識して、上下でボリュームに差をつけないようにするのがラインを綺麗に見せ、足を長く見せることができるんです!

管理人Rも基本的にこのIラインでコーデをすることが多い。

引用:http://bitter-store.jp/

Yラインで視線を上に集める足長視覚テクニック!

ビックシルエットのアウターに、スキニーパンツなどのタイトなアイテムを合わせたコーデ。

視線を上半身、上方向に集めることで、トップスと、パンツの境界があいまいになるのでスタイルがよく見える!

冬などにはボリュームのあるアウターを着ることが多くなるので、簡単にYラインが作れていたりしますよ!

引用:http://bitter-store.jp/

 

Aラインでトレンドを出しつつ足長効果を期待!

イメージはトップスのタイトに細身で抑えながら、ボリュームのあるパンツで「A」のようなスタイルを作る感じ!

でも!最近の流行、トレンドとしては、パンツのボリュームを抑えたスキニーなどがコーデの主流となっていて、ワドナパンツとか使いにくいっすよね、、、

そのため、ワイドパンツを使ったコーデよりも、ロング丈のトップスにスキニーを合わせた、流行を抑えながら、Aラインを作るテクニックが使えますよ!

引用:http://bitter-store.jp/

管理人Rから

今回は足を長く見せる、細く見せる方法について紹介してきました。

日本人の体型ならば、足の長さにコンプレックスがあるのは当然のことだと思います!

今回紹介したテクニックを使って足を長く細く見せることができるようになってくれれば嬉しいです!

まあ、個人の考えとしては、コンプレックスにとらわれず、自分の着たい服を楽しく着るのもファッションの一つの楽しみ方だと思います。

その上で、モテるテクニック、コーデなんかを身につけていきたいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!